広島県廿日市の安産祈願 – 厳島神社 (いつくしまじんじゃ)

安芸の宮島とも呼ばれる広島県廿日市にある厳島神社は、島全体が神域とされています。その宮島の景色の美しさは日本三景の1つにもなっています。全国に約500社ある厳島神社の総本社で、ユネスコの世界遺産にも登録されています。

世界遺産にも登録されている 厳島神社

広島県 厳島神社

広島県 厳島神社

厳島神社が創建されたのは聖徳太子が活躍していた593年だと言われています。

そして、平安時代の後期になり、武士として初めて太政大臣になった平清盛が厳島神社を深く信仰し、現在の海上回廊のある社殿が造られました。

御祭神は宗像三女神と呼ばれる市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)・湍津姫命(たぎつひめのみこと)・田心姫命(たごりひめのみこと)です。

とても気高い神様で、邪気を祓う強力な力を持っておられます。

そのため、開運・心願成就・交通安全・航海安全などのご利益があるとされています。

広島県廿日市の安産祈願 厳島神社

広島県 厳島神社

広島県 厳島神社

厳島神社では予約なしで安産祈願を行っています。

妊婦さんの体調が良い日、都合の良い日に合わせて参拝することができます。

ただし、厳島神社は人気の神社なので、土・日・祝日の戌の日は大変混み合うので注意が必要です。

安産祈願の祈祷料は3千円からとなっています。

祈祷後には安産祈願のお守り、神饌の落雁・昆布・するめなどが授与されます。

また、腹帯を持参すると朱印を捺していただけますので、腹帯を持参する場合は受付でその旨を伝えましょう。


厳島神社へ安産祈願へ行った方の口コミ

口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

平均評価:  
 1 口コミ
by厳島神社・安産祈願の口コミ
腹帯をもって安産祈願へ

良縁祈願も結婚式も思えば恋愛の為の祈願は全て厳島神社にしてきました。広島県の安産祈願の有名な神社は他にも色々とありましたが、ここまで見守って貰って出産だけ別というのも気が引けたので安産祈願も厳島神社でお願いしました。

朝8時半に受付で9時からご祈祷していただきました。平日でもありかなりスムーズに進みました。腹帯はお持ちですか?と聞かれ持ってきていた腹帯を預け御朱印を頂きました。

ご祈祷の時の手順は隣に座った巫女さんが丁寧に教えて下さいますから心配無しです。戌の日に御朱印を頂いた腹帯を妊娠5カ月目に入って最初の戌の日に巻いてみました。

かなり安産で無事に女の子が生まれました。病気もしないで元気に育ってくれています。

厳島神社の動画

※音声があります。ご注意ください。

厳島神社詳細

http://www.miyajima-wch.jp/jp/itsukushima/

厳島神社の住所、アクセスなどの詳細です。

住所:
〒739-0588 広島県廿日市市宮島町1−1
電話番号:
0829-44-2020
受付時間:
6:30から 18:00(冬期は17:00まで) 予約は必要なし
祈祷料:
3千円
最寄り駅:
JR宮島口駅下車後船10分で宮島桟橋
宮島桟橋から徒歩15分
駐車場:
島内には駐車場はありませんのでご注意ください
公式サイト:
http://www.miyajima-wch.jp/jp/itsukushima/

厳島神社周辺のグルメ・おすすめランチ

厳島神社周辺のグルメ・レストラン情報です。クーポンも忘れずに前もって印刷しておきましょう。


平野屋

平均予算:500円


平松茶屋

平均予算:650円


お食事処 大和屋

平均予算:1500円


お好み焼 きしべ

平均予算:昼680円/夜680円


焼がきのはやし

平均予算:1600円


いな忠

平均予算:2000円

スポンサーリンク
関連記事