広島県呉市の安産祈願 – 亀山神社 (かめやまじんじゃ)

呉市にある亀山神社は創建703年といわれる長い歴史をもつ神社です。もともと亀山神社は宇佐八幡から遷座し、時代が変わるごとに神社の名前も変化していき、今の亀山神社となりました。

広島県呉市の安産祈願 亀山神社

亀山神社の御祭神は仲哀天皇、神功皇后、応神天皇です。なかでも神功皇后は応神天皇を妊娠中、臨月にも関わらず新羅出兵を行った三韓征伐に行ったという伝説があります。

神託を受けた神功皇后は腹帯を巻き、男装をして戦い、見事勝利を収めました。

のちに帰国して無事に応神天皇を安産で産んだといわれています。このことから神功皇后は安産の女神として有名な神様となりました。

広島県呉市の安産祈願 亀山神社

亀山神社での安産祈願に予約は必要ありません。祈祷料は5千円からとなっています。

安産祈願は随時受け付けており、午前9時〜午後4時までとなっています。所要時間は約10〜15分くらいです。

当日に腹帯を持参すると、朱印を捺していただけるので腹帯を持っている方は是非持参しましょう。ガードルタイプでも捺していただけます。


亀山神社へ実際行った人の口コミ

口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

平均評価:  
 2 口コミ
by亀山神社・安産祈願の口コミ
戌の日に安産祈願へ行きました

5か月になった最初の戌の日に安産祈願でお世話になりました。初穂料は5千円で家族みんな正装とまではいきませんでしたが、通常よりもごキレイな格好で参加しました。

戌の日は祈願される方も多いので、通常でしたら窓口での受付になりますが境内に住所や初穂料を受け取るスペースがありそこに神主さんもスタンバイしている感じでした。そこで、お金と妊婦帯を渡し順番を待ちました。

安産祈願は、来ていた数名が全員でするような形で名前も順番に呼ばれました。祈願後は朱印が押された妊婦帯とお守りをいただき帰るという形の神社です。

by亀山神社・安産祈願の口コミ
予約なしで祈祷していただけました

亀山神社での安産祈願の初穂料は5千円でした。腹帯を持参するスタイルでした。予約はせずに神社へ行き、神社に到着後名前や住所などを受付で記入して、初穂料を渡しました。

持ち込んだ腹帯には神社の印を押してもらいました。その日はたまたま同時刻頃にお宮参りの家族と厄払いの方数名おられ、一緒に祈願をしていただきました。一組ずつの個別祈願だと思っていたので、そこは少し残念でした。

安産祈願の後は腹帯とお米、お守りを頂きました。

亀山神社詳細

http://www.kameyama-jinja.com/

亀山神社の住所、アクセスなどの詳細です。

住所:
〒737-0022 広島県呉市清水1−9−36
電話番号:
0823-21-2508
受付時間:
9:00 から 16:00 予約は必要なし
祈祷料:
5千円から
最寄り駅:
JR 呉駅下車 呉駅より約1km。徒歩約15分またはタクシー
車でのアクセス:
広島呉道路 呉ICより約1km。国道31号線 四つ道路交差点からすぐ。
駐車場:
有 無料
公式サイト:
http://www.kameyama-jinja.com/

亀山神社周辺のグルメ・おすすめランチ

亀山神社周辺のランチ・レストラン情報です。スマホから空席状況の確認やご予約できます。クーポンも忘れずに前もって印刷しておきましょう。


ほらふき

平均予算:1500円


広東料理 大山元

平均予算:3000円


呉 関白

平均予算:2000円


呉 お好み焼き はやと

平均予算:1200円


潮家 呉本通り店

平均予算:【ディナー】4000円 【ランチ】1500円 

スポンサーリンク
関連記事