大阪府泉佐野市の安産祈願 – 日根神社 (ひねじんじゃ)

日根神社の祭神は「鵜葺草葺不合命(うがやふきあへずのみこと)」と「玉依姫(たまよりひめ)」の夫婦の神様です。日本初代天皇の神武天皇をはじめとする4人の子宝に恵まれたとされており、そのことから子授かりや安産のご利益があるとして信仰されています。

-->

安産祈願のために枕を奉納した神社 日根神社

日根神社は枕と縁が深い神社で、村の娘たちが安産祈願のために枕を奉納したことに起源しています。元々安産祈願で奉納した枕でしたが、いつしか安眠のご利益もあるとされるようになりました。

奉納した枕をのぼりにくくり付ける「まくら祭」というお祭りがあり、その枕には特別なご利益があるとされています。

なぜ枕が重要かというと、枕の語源が「真座」という神様をお招きするために頭を乗せる場所とされていたことにあるようです。睡眠に満足ができない方にはおすすめの神社です。

駐車場が少しわかりにくいようで、道路沿いの池の横にある「観光保存会」の駐車場または自販機前の入り口(大井関自然公園の看板)から参道へすすみ境内に停めることができます。

大阪府 日根神社

大阪府泉佐野市の安産祈願 日根神社

ご祈祷を希望される方は当日受付でも大丈夫ですが、予約されている方を優先するので事前予約をおすすめします。

安産祈願では腹帯が付いてきます。さらしタイプは5000円、腹巻タイプは7000円と腹帯の種類によって初穂料が違いますのでご注意ください。

腹帯は手持ちのものを持参されると一緒にご祈祷していただけます。

安産祈願と一緒にこれからの安眠も祈願して、心身ともにリフレッシュできるといいですね。


日根神社へ実際安産祈願へ行った方の口コミ

日根神社妻の実家近くにある日根神社にて安産祈願の御祈祷をしていただきました。

初めての子供だった事もあり、夫側の両親と妻側の両親・義理の弟の7人で行きました。皆初めての事だったので、とりあえず男はスーツで女はワンピースという何とも結婚式の再現かと思う位、正装で行きました。後から思えば、ガチガチの正装でなくても、それなりにキレイな格好をしていれば良かったと思い、それを言うと皆思ってたらしく、帰りの道中で笑い話になりました。

御祈祷料は7000円と5000円の2種類あり、腹帯のさらしタイプと腹巻タイプで違ってくるみたいです。何もわからなかったので、つけやすい腹巻タイプの腹帯ををいただいて帰りました。おかげさまで先月、元気な男の子が産声をあげ、妻の腕の中ですやすやと寝ています。

日根神社詳細

日根神社の住所、アクセスなどの詳細です。

住所:
〒598-0021 大阪府泉佐野市日根野631−1
電話番号:
072-467-1162
受付時間:
9:00 から 17:00 予約優先
祈祷料:
5000円、7000円
最寄り駅:
JR阪和線「日根野駅」よりバス停「東上」下車すぐ
駐車場:
有 無料
公式サイト:
http://www.rinku.zaq.ne.jp/hine-jinja/

日根神社周辺のグルメ・ランチ情報

大阪府泉佐野市にある日根神社周辺のグルメ・ランチ情報です。


LA CUCINA ITALIANA FELICE

平均予算:昼1500円/夜3000円


ぺたんこ 長滝

平均予算:2500円


炭火焼肉 炭味 日根野

平均予算:3500円

スポンサーリンク
関連記事