宮崎県宮崎市の安産祈願 – 江田神社 (えだじんじゃ)

日本の神社であげられる「祝詞」の冒頭に出てくる、伊邪那岐命(いざなぎのみこと)が禊を行ったとされる「みそぎ池」が宮崎市阿波岐原町に存在します。その池から約5分歩いたところに「江田神社(えだじんじゃ)」があり、「祝詞発祥の地」「禊発祥の地」とされています。

「祝詞発祥の地」ともいわれる 江田神社

宮崎県 江田神社

宮崎県 江田神社

祭神は伊邪那岐命と「伊邪那美命(いざなみのみこと)」の夫婦神で、古くから安産の神様として信仰されてきました。地元では「産母(やぼ)様」とたたえられ親しまれています。

いつ創建されたかは不明ですが、「続日本後紀」に837年にはすでにあった記述があるため、歴史が古いことは間違いないようです。

近年はヒーリングスポットとしての人気が高まり、多くの参拝客が訪れるようになりました。

境内は静かで落ち着いた雰囲気で、気持ちよく参拝することができます。


宮崎県宮崎市の安産祈願 江田神社

安産祈願のご祈祷を希望される場合は、事前に連絡するようにしてください。

腹帯も持参のものはお祓いしていただけますので、持っているものがあれば持参しましょう。

初穂料はお気持ちですが、5千円からをお包みされる方が多いようです。

巫女舞があるような派手なご祈祷ではありませんが、自分たちだけの儀式が厳かな雰囲気の中行うことができそうです。

江田神社には阿波岐原森林公園が隣接し、その中には「みそぎが池」があります。

夏には黄色い睡蓮の花が美しく、わき水がたたえられた池です。

伊邪那岐命が禊を行ったとされる場所です。安産祈願の後はこちらにも足を延ばしてみてはいかがでしょうか。

江田神社へ実際に安産祈願へ行った方の口コミ

口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

平均評価:  
 1 口コミ
by江田神社・安産祈願の口コミ
宮崎県のパワースポット

宮崎県のパワースポットで有名な江田神社です。宮崎県在住にもかかわらず20年以上行ったことがなかったので、安産祈願ではあまり聞いたことがないですが、人があまり多くないという噂を聞き安産祈願に行ってきました。

行く前日に電話をしたところ、すでに予約が入っているということで時間指定をされました。持っていくものは腹帯のみの指定でしたが、ネットで調べたところ穂初料をということが書いてあったので5千円つつんで行きました。祈願中、妊婦の方のみが前に出て榊の葉をお供えしました。祈願は10分程度でした。祈願が終わり頂いたものは、持って行った腹帯、安産のお守り、お茶梅昆布茶の素をいただきました。

待ち時間も短く、丁寧に対応していただきました。有名な場所のようにざわざわしておらず落ち着いていて、無駄に緊張することもありませんでした。お宮参りもお願いしたいなと思うくらい神聖な場所でした。

江田神社詳細

江田神社の住所、アクセスなどの詳細です。

住所:
〒880-0835 宮崎県宮崎市阿波岐原町産母127
電話番号:
0985-39-3743
受付時間:
9:00 から 16:00 要予約
祈祷料:
5千円から
最寄り駅:
宮交シティから宮崎市フェニックス自然動物園行きバス40分
車でのアクセス:
宮崎駅から約15分
駐車場:
有 無料
公式サイト:

江田神社周辺のグルメ・おすすめランチ

江田神社近くのグルメ・レストラン情報をおすすめ順に表示しています。スマホから空席状況の確認やご予約できます。


ぽっくる農園

平均予算:1000円


黒木屋 宮崎大島通線

平均予算:2300円


りん花

平均予算:


美食 あじ咲く

平均予算:ランチ1500円/ディナー3000円


丸亀製麺 宮崎住吉店

平均予算:500円(通常)

スポンサーリンク
関連記事