fbpx

京都府

京都府

京都府京都市中京区の安産祈願 – 染殿地蔵院 (そめどのじぞういん)

京都市中京区にある創業明治7年の甘栗和菓子のお店の奥に染殿地蔵院があります。京都でも一番賑わう新京極通り側の狭い門から入っていきますが、まずお店の脇に「安産守護染殿地蔵尊」の石標があり目印になります。平安時代から安産祈願と子授けの篤い信仰を集めてきた由緒あるお寺です。
京都府

京都府京都市左京区の安産祈願 – 岡崎神社 (おかざきじんじゃ)

京都市左京区にある岡崎神社のこの付近一帯は、野うさぎの生息地だったのと多産で安産なうさぎは古くから氏神様の使いとして信仰されていて、腹帯を持ち込み安産祈願する慣わしが広がってきました。
京都府

京都府福知山市の安産祈願 – 大原神社 (おおはらじんじゃ)

京都市福知山市にある大原神社は、古事記・日本書紀にも記された古くから安産・万物生産の神様命を生み出す「産屋」というお産をする場所が残っているところです。
京都府

京都府八幡市の安産祈願 – 石清水八幡宮 (いわしみずはちまんぐう)

京都府八幡市にある石清水八幡宮は、男山に鎮座し朱色の鮮やかな社殿が印象的で、古くから「やわたのはちまんさん」と呼ばれ多くの神様をお祀りしているため、厄除開運や商売繁盛、安産祈願など色々なご祈願での参拝者で賑わう神社です。また、安産祈願の発祥の地という言い伝えがあるそうです。
京都府

京都府京都市下京区の安産祈願 – 市比賣神社 (いちひめじんじゃ)

京都府京都市にある市比賣神社(いちひめ)は、御祭神が全て女神様をお祀りしているので女性の守り神とされ、女性の全ての願い事にご利益があるといわれている事から、「いちひめさん」と呼ばれ安産祈願に訪れる女性参拝者が全国から絶えない神社です。
京都府

京都府京都市中京区の安産祈願 – 御所八幡宮 (ごしょはちまんぐう)

京都府京都市にある御所八幡宮は、御池通りというの大きな通りに面した場所にあります。足利尊氏の法名により等持寺八幡や高倉八幡と言われ、古来より安産と子供の守り神として有名で、三宅八幡とならび「むし八幡」とも呼ばれ信仰を集めてきました。
京都府

京都府京都市左京区の安産祈願 – 大蓮寺 (だいれんじ)

京都府京都市左京区にある浄土宗の大蓮寺は、名前のごとく6月下旬から8月中旬まで沢山の綺麗な蓮の花が咲くお寺です。本堂には、慈覚大師作の阿弥陀如来像があります。この阿弥陀様に「安産のお寺」の由来があり、古くから安産祈願としての信仰が深いお寺です。阿弥陀如来の使いとして障害をささげたという「走り坊さん」でも有名で、足腰の健常の参拝者も多いそうです。
京都府

京都府京都市左京区の安産祈願 – 由岐神社 (ゆきじんじゃ)

京都府京都市にある由岐神社は、京都三代奇祭の一つと言われる10月の鞍馬の火祭で知られていますが、これは里人がかがり火で神霊を迎えたことによるもので、火難厄・子授け・安産・縁結びで広く信仰されて、通称 靫明神(ゆきみょうじん)と呼ばれ親しまれています。
京都府

京都府京都市右京区の安産祈願 – 地蔵院 安胎寺 (じぞういん あんたいじ)

京都布京都市にある地藏院安胎寺は、古くから安産のお地蔵様として知られてきました。建物に入る前から、京都の風情を感じさせる雰囲気のお寺です。
京都府

京都市京都府左京区の安産祈願 – 恵光寺 (えこうじ)

京都府京都市にある恵光寺は、洛北の山すその市原にあり源義経が幼少の頃に過ごした乗鞍山にほど近い場所にあります。このお寺のお地蔵様は「北向きのお地蔵様」とか「安産のお地蔵様」と呼ばれ、お地蔵様のかぶっている真綿をちぎってお腹をさすると安産するという言い伝えがあります。
タイトルとURLをコピーしました