fbpx

京都市

京都府

京都府京都市の安産祈願 – 御香宮神社(ごこうのみやじんじゃ)

京都・伏見にある安産祈願で有名な御香宮神社(ごこうのみやじんじゃ)。神功皇后を主祭神としています。神功皇后は神話より安産の神として崇められるようになり、御香宮神社は子育て、安産にご利益がある神社として古くから親しまれています。
京都府

京都府京都市の安産祈願 – 松尾大社 月読神社 (つきよみじんじゃ) 

京都市西京区の松尾大社の大鳥居を南に400メートルほどの場所に安産祈願でも多くの方に親しまれている月読神社があります。境内には安産信仰発祥の石「月延石」があることもあり、古くから「安産守護のお社」として信仰されています。
京都府

京都府京都市の安産祈願 – 敷地(しきち)神社 (わら天神)

国宝「金閣寺」から徒歩9分、京都で古くから安産のご利益があると慕われている神社です。正式名称は敷地(しきち)神社ですが、安産御守として藁をいただけることから「わら天神」という愛称が付いています。
京都府

京都府京都市の安産祈願 – 梅宮大社 (うめのみやたいしゃ)

京都市にある梅宮大社は京都で一番古い梅の名所としても知られています。お酒の神様、安産の神様が祀られ、「またげ石」と呼ばれるまたぐと子宝に恵まれるという石も古くから信仰されています。
京都府

京都府京都市左京区の安産祈願 – 京都熊野神社 (きょうとくまのじんじゃ)

京都熊野神社は、熊野神社・熊野若王子とともに京都熊野三山のひとつで、地域の人たちには「ごんげんさん」と呼ばれ、縁結びと安産祈願で親しまれている神社です。また「京の十四社朱印めぐり」の中の神社として紹介されています。
京都府

京都府京都市伏見区の安産祈願 – 善願寺 (ぜんがんじ)

京都市伏見区にある善願寺は、まず「小町の榧」と言われる樹齢1000年以上のご神木が遠くからでも目に入ってきますが、そのご神木に彫刻された不動明王像が鎮座されています。善願寺は「腹帯地蔵さん」と呼ばれ、古来より安産祈願の信仰を集めています。
京都府

京都府京都市伏見区の安産祈願 – 法界寺 (ほうかいじ)

京都市伏見区にある法界寺は、藤原氏の北家にあたる日野家の菩提寺である真言宗醍醐派別格本山の寺院です。薬師堂と阿弥陀堂があり、薬師堂は重要文化財で阿弥陀堂は国宝という歴史の深い格式高いお寺です。この薬師堂にお祀りされている薬師如来像が胎内仏で安産・授乳・子授けにご利益があるとされています。
京都府

京都府京都市中京区の安産祈願 – 染殿地蔵院 (そめどのじぞういん)

京都市中京区にある創業明治7年の甘栗和菓子のお店の奥に染殿地蔵院があります。京都でも一番賑わう新京極通り側の狭い門から入っていきますが、まずお店の脇に「安産守護染殿地蔵尊」の石標があり目印になります。平安時代から安産祈願と子授けの篤い信仰を集めてきた由緒あるお寺です。
京都府

京都府京都市左京区の安産祈願 – 岡崎神社 (おかざきじんじゃ)

京都市左京区にある岡崎神社のこの付近一帯は、野うさぎの生息地だったのと多産で安産なうさぎは古くから氏神様の使いとして信仰されていて、腹帯を持ち込み安産祈願する慣わしが広がってきました。
京都府

京都府京都市中京区の安産祈願 – 御所八幡宮 (ごしょはちまんぐう)

京都府京都市にある御所八幡宮は、御池通りというの大きな通りに面した場所にあります。足利尊氏の法名により等持寺八幡や高倉八幡と言われ、古来より安産と子供の守り神として有名で、三宅八幡とならび「むし八幡」とも呼ばれ信仰を集めてきました。
タイトルとURLをコピーしました